スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の終わりのサマフェス2015終幕!!~2日目~

夏の終わり、たった2日で終わる高校演劇の祭典、
高校演劇サマーフェスティバル。

最終日2日目の1本目は、東京の筑波大学附属駒場高校 
筑波大学附属駒場高校演劇部 作、「ガンジス川を下る」。

エチュードのような感覚で何気なく語られる言葉が、
少しずつ統合されていく不思議な舞台。
知らず知らずに笑い、引き込まれてしまいます。

筑波大駒場

2本目は茨城から境高校。 
市川康 作「今を春べと咲くやこの花」。

競技カルタを主題にしてごくごく普通の高校生の日常をほのぼのとしたタッチで描いた作品。
作者独特の優しい語り口が台詞の端々に伺えました。

境
 

3本目は神奈川から横浜平沼高校。 
南雲香穂+横浜平沼高校演劇部 作「田口さん」。

なかなかどぎつい表現もありましたが、最後はホロッとさせる作品。
お母さん役の人がスゴイ迫力でイイ意味で高校生には見えませんでした。 

横浜平沼

そして、大トリをつとめたのが、埼玉から川越高校。 
宮崎駿 原作 阿部哲也 脚色「最貧前線(宮崎駿「雑想ノート」より)」。

オンボロの漁船一艘が舞台に現れた時は客席から歓声が。
戦争をテーマにしながら明るいタッチでほのぼのと進んでいく。
ハラハラしながらも最後は大団円。
宮崎アニメを舞台化したような面白さでした。

川越

あっと言う間だった二日間。
今年も力作が揃いました。
上演校の皆様、本当にお疲れ様でした。

あ~今年も面白かった!! 



スポンサーサイト

ありがとうございました! 制作・表方担当より

この夏も
本番2日間、仕込み・リハーサルを入れれば4日間の
高校演劇サマーフェスティバルinシアター1010を
無事に開催することができました。
参加していただいたお客様、
シアター1010の関係者のみなさま、
日本工学院の関係者のみなさま、
足立区の関係者のみなさま、
上演校の関係者のみなさま、
運営にかかわったすべての関係者のみなさま、
ありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。

8月27日の入場者数は805人
8月28日の入場者数は661人
合計 1466人となりました。

すでに授業が再開している学校もある中で
上演も運営も観劇もきびしい日程でした。
そのなかで、
これほどのお客様に来ていただいたことは
感謝の念に堪えません。
お客様や上演校やスタッフの方々の声を参考にして
次年度以降に備えて参りたいと存じます。
今後ともよろしくお願いいたします。

制作・表方担当の小杉でした。

夏の終わりのサマフェス2015開幕!!~初日・後編~

いよいよ始まった夏の終わりの高校演劇サマーフェスティバル2015、
後半のトップバッターは千葉県から千葉高校。
演目は、県立千葉高校演劇部/作『図書館の花子さん』。

自己主張が出来ず、周囲に溶け込めないまま周囲に逢わせていたアユミが、
図書館の花子さんこと幽霊の文江と出会い、
新たな仲間との絆と、自分自身を見つけて行く物語。
微笑ましく優しい気分になる舞台でした。

2015 千葉


続いて登場したのは、
長野県から松本美須々ヶ丘高校。
演目は、郷原玲/作『木の葉に書いた歌』。

オムニバスのように語られたモザイクのような物語が、
やがて大きなテーマに向かって収斂していく演出が見事。
訓練された身体表現や群読は観るものを圧倒しました。
ラストシーンの美しさは誰もが息を呑んだことでしょう。

2015 美須々が丘

初日のラストに登場したのは、
栃木県からさくら清修高校。
演目は本間杏菜/作『文-ふみ-』。

女子高生だけの部活の中で共有される甘酸っぱい秘密。
演じている姿がこちらから観ていても楽しそうでした。
ヒロインの文の声が甘く、
どこか懐かしい、遠い昔の幻想に引き戻されるような作品でした。

2015 さくら清修

高校演劇サマーフェスティバルは明日が最終日です。
本日と同じ11:30開場です。

お客様の御来場を心よりお待ち申し上げております。
それではまた明日。
失礼いたしました。



夏の終わりのサマフェス2015開幕!!~初日・前編~

さあ、いよいよ開幕しました2015サマーフェスティバル、
平日にも関わらず、たくさんのお客様をお迎えして、
夏の終わりを惜しむかのような熱気で始まりました。

トップバッターは、
東京都から足立区立中学校選抜隊の上演、
如月小春/作『夏の夜のアリスたち』。

足立区立の中学生達が今年は初出場の学校を含め、
五校20名の生徒たちが熱演しました。
テンポのいい、歌あり、ダンスありの舞台は、
ところ狭しと演じる中学生ならではのフレッシュな公演となりました。

夏休みの最後に素晴らしい舞台をありがとう、と言いたいです。
顧問の先生、保護者の皆様もお疲れ様でした。

2015 足立区立中学校

続いて登場したのは、
山梨県から白根高校。
上演は河野豊仁/作『明日へ』。

序盤からノリのいい会話で会場の空気をつかみ、
三人の軽妙な会話に引き込まれました。
やがて物語が核心へと進むと会場には深い感動が広がりました。

最後までさっぱりとした明るさで、
転げ回り、笑い、葛藤する姿は今でも瞼に残っています。

2015 白根

シアター1010の探し方

こんにちは、ホームページ担当のハギワラです。
いよいよ2015年度の高校演劇サマーフェスティバルが始まりました。

さて、今日はJR北千住駅〔常磐線〕からのシアター1010までの道をご紹介いたしましょう。

まず北千住駅の改札から出ましょう。

IMG_2873.jpg

続いて北千住駅の西口から外に出ます。

IMG_2875.jpg

すると右手に大きなデパートの丸井が見えます。

IMG_2877.jpg

その11階がシアター1010なのです。

IMG_2879.jpg

いかがでしょうか。

劇場の入り口がありますので案内板にしたがっていらしてください。

IMG_2878.jpg

丸井の下の階から11階のシアター1010まではエレベーターが一番速いですが、
混んでいると一度に乗ることが出来る人数に限りがあります。
またエスカレーターでもたどり着くことは出来ます。

受付や上演の時間に間に合うように、余裕を持って来て頂けると助かります。
では、気をつけてご来場くださいませ。

本日のリハーサル2

さてさて、本日5本目のリハーサル
栃木県 さくら清修高校「文 -フミ-」
この画!!どうですかこのシーン?
文って響き、個人的にとても好きです♪
さくら清修

本日最後です。
足立区立中学校演劇選抜隊「夏の夜のアリスたち」
毎年の夏の風物詩 足立区選抜でございます。
今年も何やらやってくれそうですよ♪
ネタバレするから仕込み風景で(^-^)
足立区選抜

あとは本番をお楽しみに~
出場校の皆さん、リハーサルお疲れ様でした(^-^)
本番楽しんで頑張りましょう♪

本日のリハーサル

こんにちは。
実行委員の林です。
本日も朝からリハーサル。
リハ、リハ、リハ、リハ、リハのオンパレードでございます。
ネタバレにならないようにと思いつつネタバレしたらごめんなさい。
まずは、この時間までのリハーサル風景を(^-^)

まずは埼玉県 川越高校「最貧前線」
なんだこのセットは!!
格好いいぞ、カッコイイぞ!!
近くで見ると作りもすごいぞ!!
みなさんは客席で(^-^)
川越高校

続きまして
山梨県 白根高校「明日へ(あしたへ)」
雰囲気があったかい♪
この雰囲気伝わりますかね??
くぅ、本番で!!
白根高校

お次は
千葉県 千葉高校「図書館の花子さん」
人数多い!!
タイトルにそそられますねぇ。なにが起きるんでしょうか??
イケメンもいるしなぁ(^-^)
県立千葉

お次は
長野県 松本美須々ヶ丘高校「木の葉に書いた歌」
セットの奥行きが凄いですよ。
写真のシーンも気になりませんか?
美須々ヶ丘

今日からリハーサル!

みなさんこんばんは。
実行委員の専大松戸浅田太郎です。
いよいよ今日からリハーサルがはじまりました!
今年はどんなお芝居が上演されるのか?
気になるあなたに最新の情報をお届け!

まずは東京代表筑波大学附属駒場高校のリハ風景
演目は「ガンジス川を下る」
なんともターメリックな芝居になりそうです。
tukuko.jpg

続いて茨城代表境高校のリハ風景 
演目は市川康 作「今を春べと咲くやこの花」
ちはやふるんでしょうか?(すみません読んだことありません)
sakai.jpg

そして神奈川代表横浜平沼高校のリハ風景 
演目は南雲香穂+横浜平沼高校演劇部 作 「田口さん」
はたしてタグチと読むのかデンロと読むのか。
kanagawa.jpg

我々実行委員も楽しみな3作品!
皆様お楽しみに!

今日から合宿

今日から合宿なので、
明日はブログ書けません。
今日の分は今、書いちゃいます。
明後日の分は帰宅して余力があったら書けると思います。

芝居をやっている仲間をCOMPANYと言いますが、
このCOMPANYってヤツはなかなか厄介なものです。

普通のクラスメイトではなく、単純な友達とは言えない。
年が離れていようと性別が違おうと、
ある一定以上の時間を共有しないと芝居は出来ない。

「タイタンズを忘れない」という映画の中で、
黒人と白人の混成のアメフトチームのコーチである、
デンゼルワシントンが言ったセリフにこうある。

お互いを好きにならなくてもいい、だが相手を認めろ。
そうしたらいつかわかり合えるかも知れない。

これが芝居の仲間にも共通しているのだと思う。
さて、合宿でこういうことが分かるか、
実はそれが問題ではある。

IMG_3339.jpg

夏の終わりですね、あの猛暑はどこへ行ってしまったんでしょうか?

さて、8/27・8/28に行なわれる高校演劇サマーフェスティバル、
いよいよ今日も入れて6日後には開幕ですね。

僕の知り合いの川越高校〔今年の出場校〕は最近、
初めての通し稽古をなさったそうです。
いよいよ本番も近づいて、各校の準備は慌ただしさを増しているようですね。

皆さん、楽しみにしていますから、
気をつけて来てください。

さあ、皆さん、いよいよサマフェス開幕近し!!ですよ。

今年のサマフェスは八月の終わり、
夏の終わりを飾る演劇祭。

楽しみにしていてください!!
ご来場をお待ちしています。



IMG_3669.jpg

短い真夏が終わってく

今年の夏は暑かったけど、
もうあの七月が嘘みたい。
八月の引潮が翳りを連れてくる。

海の色も全く違ってる。
波の音が大きく響きながら、後ずさりするよう。

サーフボードを抱えて横断歩道を渡ってく人たちが、
夏の終わりを呟いている。

IMG_3237.jpg

夜の東京駅

ライトアップされた東京駅です。
なかなかいいもんですね。

IMG_3251.jpg

あの雲の向こう

あの人は遙か遠くを見つめていて、
とても自分には手の届かないような場所を見ているような気がしていたのに、
あの人にとってそこは、手の届くとこだった。

同じ場所にいたとしても、
実は全く別のことを見てた。
それはショックなことだった。

でも僕が見ていた場所だって、
そう悪くは無いって気づいた。

僕が見てる場所だって、
誰もが手の届くつまらない場所じゃ無かったんだ。

遠くに行きたい。
あの雲の向こうの、もっともっと遠くまで。

IMG_3693.jpg

高校演劇サマーフェスティバルの演目

あらためまして、
今年度のサマフェス参加校各校の上演演目を、
お知らせいたします。

高校演劇サマーフェスティバルin北千住では、
8/27・8/28両日、無料で演劇の公演が観られます。

チケットはホームページからご予約できます。
当日券もございます。

足立区の中学生も出演します。

以下、演目です。
-------------------------
8/27(木)上演1日目

1200-1300 足立区中学校演劇選抜隊(東京)
「夏の夜のアリスたち」 如月小春 作

1320-1420 白根高校(山梨) 
「明日へ」 河野豊仁 作

1440-1540 千葉高校(千葉) 
「図書館の花子さん」 千葉高校演劇部 作

1600-1700 松本美須々ヶ丘高校(長野) 
「木の葉に書いた歌」 郷原玲 作

1720-1820 さくら清修高校(栃木) 
「文 ―フミ― 」 本間杏菜 作


--------------------------
8/28(金)上演2日目

1200-1300 筑波大学附属駒場高校(東京) 
「ガンジス川を下る」 筑波大学附属駒場高校演劇部 作

1320-1420 境高校(茨城) 
「今を春べと咲くやこの花」 市川康 作

1440-1540 横浜平沼高校(神奈川) 
「田口さん」 南雲香穂+横浜平沼高校演劇部 作

1600-1700 川越高校(埼玉) 
「最貧前線(宮崎駿「雑想ノート」より)」 宮崎駿 原作 阿部哲也 脚色

------------------------------------------------
タイトルを見ただけでも面白そうな感じですね。
どうぞ、乞うご期待!!

お盆の終わり

子供の頃、母に連れられて、
茨城の岩間にある母の実家に帰省していた。

子供の僕は早速、雑木林を飛び回り、山に登り、
従兄弟たちとセミやカブトムシやクワガタを探した。

僕より年上の従兄弟は、
事前にカブトムシを採っておいてくれたりもした。

お盆の最初に提灯をぶら下げて、
ご先祖のお墓まで迎え火をし、
仏壇にはキュウリやナスで出来た馬を飾った。

翌朝は早朝から餅をついて、皆で餅を食べた。
時折降りだす夕立は、ものすごい勢いであたりを包み、
夕立が去るとさーっと涼しい風が吹いた。
夜になるとみんなで大騒ぎをしながら花火をした。

たくさんの親戚が集まって、
ワイワイしているだけで楽しかった。

そしてお盆が終わるとそれぞれの家に帰って行った。

帰省から帰るともう夏休みも終わりで、
そろそろ宿題とかを片付けないといけなくて妙に焦った。

お盆の終わりとは、
こんな感じで懐かしくも切ないイメージであった。

振り返ると、あれだけ勢いのあった入道雲が、
うろこ雲に変わっているのであった。

終戦記念日

お盆真っ最中の8/15。
僕らの国に起きた戦争が七十年前に終わった日。

甲子園では正午に合わせてサイレンと共に黙祷し、
テレビでは終戦に合わせて記憶をたどるような特別な番組が流れる。

僕は戦争を知らず、戦争で死ぬ怖れを知らない。
世界は混沌として安穏としていられるような状況ではないのかもしれない。
しかしこの七十年は夢幻だったのか。

しっかりとした信念を持って不戦を貫いていく国には未来はないのか。
いざという時には戦うよ。
そんな気持ちを持っている国に対して、
戦わせるのが良い、と思われて引きずり込まれた戦争ではなかったか。
不戦と決めていれば、他国にそんなことを考えさせるような隙も与えまいに。

不戦を貫くために軍備を整えることを勇気と言うなら、
この国を出ていけばいい。

戦争はなんとしてもしちゃあいかん、
実際に体験した人たちの言葉が七十年の時の重みに沈んでいく前に、
僕らにもできることはあるのではないだろうか。

何はともあれ、黙祷。

多くの人たちのあるべき未来を奪ったのも国を司る者たち。
どうすればそうせずに済んだかを、
なぜか考え出そうとしないで、
平和を求める人たちの声を無視しているばかりである。

お盆ですね

高校野球を寝っころがって見ながら、
時々、冷蔵庫から麦茶を出して飲み、
ふと外を見ると入道雲。

庭の植木に水やって、
一息ついたところに風鈴の音。

蚊取り線香のにおい、
遠くに祭囃子、花火の音。

夏の記憶にはいつも懐かしさがある。

P1140063 - コピー

八月の海

八月になって台風が幾つか来ると、
もう暑かったあの熱を帯びた空気が嘘みたいになって、
夏が翳ってくる。

光に満ちていた夏の光が、
もう遠い昔のように。

人々の喧噪にも似た波の音が大きく響いて、
夏が終わっていくのは、そんな時だ。

IMG_3236.jpg

東京駅

東京駅の煉瓦造りの駅舎もなかなか良いですぞ。
なんか「はとバス」ツアーみたいなブログですね。

IMG_3249.jpg

東京タワーもありますよ!!

スカイツリーの他にも東京タワーもありますよ。
333メートルね。

IMG_1409.jpg

スカイツリー

さて、夏休みもそろそろ半分が終わってしまいそうです。
考えてみたら今年のサマフェスは夏休みの最後、なんですね。

サマフェスにいらっしゃる皆さんには、
夏の最後を楽しんで頂きたいです。

サマフェスの行なわれるシアター1010からは、本当に良くスカイツリーが見えます。
上演校で東京以外から来る皆さんは、
お芝居が終わった後、ちょっと遊びに行くのもいいんじゃないかな?

個人的には登らないで見てる方が好きですが。

IMG_1477.jpg

彦根といえば

ま、彦根なのでとりあえずお約束ですので。
ひこにゃんを。

鈴がついてるということは飼い猫か?

IMG_3708.jpg

近江牛も食べました。

全国大会、彦根は滋賀は琵琶湖のほとり。
彦根の駅を挟んでかたや彦根城、かたや伊佐山城。
井伊直弼と石田三成が駅を挟んで向かい合ってる。

そんな近江の国で食べなきゃならねーもんは、・・・やっぱ近江牛ね。

はい、で食べました。
んまかったです。

ああ、全国大会に行ったのに芝居の話はどこ行った?
ま、写真で申し訳ありませんが。

IMG_3720.jpg

これが近江ちゃんぽんです。

演劇の全国大会、今年は「びわこ総文祭」ということで、演劇会場は彦根。
僕も初めて訪れましたが、その彦根駅前にあるのが、
「名物」と謳われた近江ちゃんぽん。
今回、彦根に訪れた演劇関係者の多くが食したとされる一品です。
二軒の近江ちゃんぽんの店が並んでいてのだけれど、
皆さんはどちらにお入りになられたでしょうね?
僕は向かって右、演劇的には上手の店に入りました。

野菜たっぷりの近江ちゃんぽん。
お酒の後のシメに最高の一品でしたね。

IMG_3714.jpg

スイカとグァバジュース

夏の午後は日陰のカフェの風の通る席に座り。

スイカは大好き。
グアバジュースはとろっと甘くてね。

IMG_3498.jpg

夏空

今年は全国で暑い夏。

空を飛べたら、そんなのあんま関係ないかも。

IMG_3488.jpg

長野県に行って来ました!!

今日は^_^
サマフェス実行委員の柏日体高校の林です。

実は昨日まで長野の東御市にあります農村歌舞伎の舞台で公演をさせていただきました。
納涼になるかどうかわかりませんが、お裾分け^_^

ここ出場校打ち合わせも熱くなっております。
今年も熱い季節がやってきましたね。
出場校のみなさん、実行委員のみなさん、スタッフのみなさん、お客さん、今年もみんな頑張りましょう^_^

第2回参加校打ち合わせ 午後の部より

ブログ担当のハギワラです。

蒲田の日本工学院より実況中継です。
本日のサマフェス第2回打ち合わせも午後の部です。
午前に引き続き、それぞれの学校が入念な打ち合わせをしております。

出演校の皆さんも和やかな中にも緊張感を漂わせて、
打ち合わせに臨んでいらっしゃいました。

考えてみれば本番まであと20日とちょっと。
どうぞ素晴らしい芝居を期待していますので、
ラストスパート、頑張ってください。

茨城のイチカワ先生はまだ台本が完成していないと泣いてましたが・・・。

IMG_3731.jpg

今日はサマーフェスティバル 第2回打ち合わせ会!!

こんにちは、ホームページ担当のハギワラです。
本日はいよいよ各校を招いての高校演劇サマーフェスティバル、
第2回打ち合わせ会です。

朝から出場校の顧問の先生、部員の皆さんが集まって、
舞台・照明・音響・制作の各部門についての最終確認をしています。

いよいよ本番も近づき皆さん、芝居の内容に合わせて、
真剣な打ち合わせが続きます。

ちなみに本番は8/27(木)・8/28(金)の二日間。
会場はJR北千住駅西口のマルイの11階のシアター1010。
開場は11:30を予定しています。

お客様のお心の準備もそろそろしておいてくださいね。
当日、劇場でお会いできることを楽しみにしておりますので。

IMG_3730.jpg

明日は高校演劇サマーフェスティバル 第2回打ち合わせ会

こんにちは、明日は第21回高校演劇サマーフェスティバルin北千住の、
第2回打ち合わせ会です。

場所は蒲田の日本工学院です。

明日の日程は10:00~12:00 午前の部として、

茨城県立境・栃木県立さくら清修・足立区立中学校
・神奈川県立横浜平沼・山梨県立白根の音響・照明・舞台のヒアリング。

続いて13:00~15:00 午後の部として、
埼玉県立川越・千葉県立千葉・筑波大学附属駒場
・長野県松本美須々ヶ丘のヒアリング。

15:00~第2回実行委員会です。

皆さん、明日も暑いようなので気をつけていらしてくだい。
プロフィール

関東高校演劇サマーフェスティバル

Author:関東高校演劇サマーフェスティバル
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。